インプラント、歯の治療、失敗しないための情報

インプラント治療法の1つにサイナスリフト法というものがあります。



 大阪大学(Osaka University)の研究チームが、奥歯を噛みしめて音楽プレーヤーの操作ができるヘッドギアを開発した。いずれ満員電車の中で、バッグやポケットの中を探らなくてもiPodのような機器が操作できるようになるかもしれない。
 この装置は赤外線とマイクロコンピューターを利用。頭に装着して約1秒間、奥歯をかみしめると、コンピューターが信号を受信する。1秒という長さはガムをかんだり会話などで歯を使う動作と区別するために必要だという。
 研究室では右の奥歯をかみしめて携帯音楽プレーヤーの再生と停止、左の奥歯をかみしめて次の曲にスキップすることに成功した。研究チームはこの装置を音楽プレーヤーに応用して商品化するほかにも、携帯電話や車いすなどへの応用も可能だと考えている。

 研究チームを率いる宮崎文夫(Fumio Miyazaki)教授はAFPの電話インタビューで、このヘッドギアを使えば、手を使わずに機器操作ができるので、満員電車で携帯電話を操作したいときや、身体障害のある人が車いすを操作する時に便利だと思うと語った。
 同研究チームの谷口和宏(Kazuhiro Taniguchi)氏は、特に満員電車の中などで、iPodや携帯電話のスイッチを操作するのに、いちいち手を使わなければならないのが煩わしいと感じていたと話す。

 ヘッドギアは食べ物をかむ力があれば誰でも操作でき、差し歯や入れ歯など人工の歯でも利用できる。
 音楽プレーヤー以外の用途として、プレゼンテーションソフトで作成した資料をめくることもできるという。発表者はボタンを押す代わりに奥歯をかみしめて操作できるため、自由な身振り手振りが可能になる。


インプラント治療法の1つにサイナスリフト法というものがあります。
上あごの奥歯の部位は歯が抜けた際には、大抵の人は骨が少なくなってしまいます。
骨の厚みや高さが不足しているとインプラントを埋入するのが困難な為、以前では短いインプラントを入れるか、治療を断念しなくてはなりませんでした。
短いインプラントを埋入した場合、将来的に不安を抱えることになってしまいます。
サイナスリフトとは、このような場合に骨量、骨幅を増大させる治療法です。
骨の高さが1?5ミリしかない場合でも、この方法を行うと10数ミリのインプラントを埋入することができます。
上あご洞(上あご骨の上に存在する空洞)に移植骨や骨補填材を注入し、上あごの底の部分を押し上げてインプラントを埋入可能にするスペースを作るのです。

デメリットとして、治療に時間がかかるという点があります。
条件によっては即時にインプラントを埋入する場合もありますが、ほとんどの場合、手術を行ってから骨が熟成し硬くなるまでに、およそ6ヶ月は待たなければなりません。それからインプラント埋入するため、約9ヶ月かかります。

また、この方法は非常に高度な技術が必要な為、歯科医院によっては行っていない場合があります。
広告
target=
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。